« 我が家の畑!!2012早春編♪ | トップページ | 信州原村山暮らし薪ストーブでマッタリ・2!(笑) »

2012年3月15日 (木)

寒い冬に電気を使わず自然に寄り添いつつ暖かく過ごす方法

05p1172666

 

寒かったこの冬は湯たんぽが大活躍しました~!

 

 

01p1242716

 

久しぶりに寒さが厳しかった今年の冬。

東京の端の我が家の辺りでは、何度も雪が積もりました。

 

02p1242717

 

気温が低い日が続いたので、積もった雪もなかなか溶けず

我が家の庭は1週間以上も雪化粧をしたままでした。(^^;)

 

03p1242718

 

隣の畑も真っ白…。

昨年は秋がなかなか深まらずいつまでも暑い日が続いていたのがウソのようです。

 

04p1242721

 

ガーデンアクセサリーの巣箱にもこんもり雪が積もって、可愛いです♪

-5度なんていう日も結構あったりして、しかも日中もずっと寒くて

寒さ対策にビニールを掛けておいたお花たちも、かなり辛そうでした。(^^;)

 

05p1172666_2

 

そんな寒かった今年の冬に大活躍したのは湯たんぽの「たま」達です。

昨年までは電子レンジで温めて繰り返し使う「湯たぽん」という物を愛用していたのですが

あの原発事故以来、電気を使う事はなるべく避けたい!と言う事で…

昔ながらのブリキの湯たんぽを使い始めました~!!

 

06p1152659

 

「たま」は岳の介さんのウチで昔飼っていた猫の名前です。

「湯たんぽを入れてると、たまと一緒に寝てる夢を見るんだよ。」

岳の介さんのこの一言で、ウチの湯たんぽの名前は「たま」に決まりました!(笑)

 

07p3012767

 

そしてもう1つ!

「豆炭あんか」の「まめ」も仲間入りしました!

 

08p3012768

 

最近のガスコンロは温度センサーが付いているので、豆炭に火をつけるのに苦労します。

中古で豆炭あんかを手に入れて、初めて使ったのですが…

「豆炭あんか、恐るべし!!!」

豆炭1個で、24時間ずっと温かい!!…と言うか、熱い位です!!(^^;)

豆炭は全体が真っ赤になる位まで火を点けないと消えやすいのが難しかったですが

だんだん冷めて行く湯たんぽと違って、24時間くらいずっと温かいのが凄いです!!

しかも中身がお湯のためにずっしり重いたまと違って、とっても軽い♪

…難点は「温か過ぎ」で、最低気温が零下になるほどの寒さでないと「熱い」事です。

なので、朝の寒さが零下にならなくなった今では、まめはお休み中です。(^^;)

 

そして、今年の冬はとうとう「こたつ」を買ってしまいました!

寒くても日中にはめったに暖房器具を使わない私。

持ってる物は使わないと損!とばかりに山道具のダウンを総動員しても

普段過ごすダイニングテーブルでは、足元が冷えて悲しい気分でした。

こたつにしてからは下半身が冷える事もなくぬっくぬくで幸せ気分です!

…と言っても、もちろん電気は使ってません!!(^^)v

湯たんぽのたまや豆炭あんかのまめが入っていれば充分過ぎるほど暖かいです!

 

09p1282730

 

そしてもう1つ大活躍したのが、薪ストーブの薪男君です!!

週末はほとんど薪男君と遊んでいました。

薪男君の熱だけでLDKは十分暖かいし、お湯が沸き、食事の支度もOK!!

 

10p1282731

 

そして、朝食にも大活躍の薪男君。

パンケーキとベーコンエッグ、そしてコーヒーを入れて…

こんな事やってたら、わざわざどこかに出掛けなくても楽しくて仕方ないですよねぇ。(笑)

 

11dsc01640

 

2月の終わりに、やっと近所の「コストコ」が再OPENしました。

昨年の震災で駐車場のスロープが崩落して死亡事故となったあそこです。

再OPEN当日に出掛けたので、普段なら30分で付く距離なのに

道路の渋滞で4時間、駐車場に停めてから入店待ちの列で1時間半でした。(^^;)

それでも、やっと復活した事が嬉しくて!!

大好きなチキンの丸焼きとクロワッサン!

チキンのサラダとサーモンたっぷりの巻き寿司をGETして帰って来ました♪

(でも、かなり混んでそうだから、もうしばらく行かないつもりですけど…。笑)

 

12p3142792

 

あの原発事故。

「電力不足対策に協力する為の節電」から始まりましたが

今では「電力不足を言い訳にした原発再稼動」に加担しない為に

極力電気を使わないようにしています。

 

元々「電気エネルギーを無駄遣いしない」ポリシーがあった私ですが

より絞り込む為に、そして、「イザ」と言う時に対処する為に

毎日の食事の支度で、これを使いガスでご飯を炊いています。

 

これは岳の介さんがキャンプ用品として持っていたスノーピークのライスクッカーです。

年に1度行くかどうかのキャンプの為だけに仕舞い込んでいたのではもったいない!!

物は使ってもらった方が幸せです。

 

毎日これで炊くようになったら、ご飯が美味しくてたまりません!

ガスでご飯を炊くのは当たり前になったので、イザという時慌てずに済みます!

電気炊飯器はタイマー機能が便利だけれど…

電気って「熱」として使うのは、とても効率が悪いんですよね。

なので、オーブンレンジも、時折温め機能を使うくらいで、ほとんど使わなくなりました。

電気を大量に使うホットプレートも使っていません。

必要ならカセットコンロを使って卓上調理すればいいかと思っています。(究極は炭?)

 

岳の介さんも原発事故以来かなり意識が変化していて

電気は今まで無意識の内に無駄遣いして(させられて?)いたと気付いて

2人で上手に、極端に何かを我慢する事無く、楽しんで暮らしています。

 

13p3132769

 

薪ストーブの薪男君を使うのも、そんな楽しみの一つです。

本来なら捨てられてしまう「伐採木」を薪にして

私達は熱エネルギーだけでなく、心がホッとする癒しのエネルギーも貰っています。

オマケに、薪さえあればガスと電気が止まっても、かなり色々出来る強みがあります!

 

14p3132777

 

…という訳で、あちこちから手に入れた山積みの伐採木です。

岳の介さんと2人で、チェーンソーと斧でせっせと薪作りに励んでいます。

週末薪焚き人の我が家には、来シーズン用としては充分な量です。(たぶん??)

 

このまま雨ざらしにせず、屋根を掛けて次のシーズンまでしっかり乾燥させねば!!

我が家の敷地の限られたスペースをどう上手く使って収納するか?

薪小屋作りのプランを練っている最中です。(^^;)

 

あの震災、そして原発事故から1年が経ち…

次に来るだろう、恐らく私達にとってはより厳しくなる震災に身構えながら

それがジャブのように効いて、なかなか「情報の発信側」に戻れない自分に苦笑いです。

それでも、工夫しながら、楽しみつつ、小さな毎日を積み重ねています。

日常の中に、震災への備えが自然に織り込まれているのが一番良いかな?

そんなことを思いつつ…

実は現在の1番の問題は、やっぱり花粉だったりします!!!

今年は薪男君のお家(=サンルーム)があるので、洗濯物が楽になって助かってます!

花粉の量は例年より少ないらしいけれど、それでもあとひと月くらいは我慢です!!

この春は色々イベントもあるので、昨年の分まで楽しみたいと思いま~す♪(^0^)v

 

 

« 我が家の畑!!2012早春編♪ | トップページ | 信州原村山暮らし薪ストーブでマッタリ・2!(笑) »

地球温暖化対策・エコライフ」カテゴリの記事

薪ストーブ」カテゴリの記事

防災」カテゴリの記事

コメント

こんにちは まめ炭アンカ懐かしく拝見しました。私の子供の頃でもレアな生活用品の印象でしたから、今使っている人はほんとうに少ないでしょうね。弟が小学生の頃にまめ炭アンカでやけどをした事があります。それ以来専用ケースの上からタオルで厳重に巻いて使っていました。強く巻きすぎると通気性が悪くなって消えてしまったり、緩いと熱くてやけどをしたり、懐かしい思い出です。湯たんぽは祖父母が使っていましたね。夕食後石油ストーブの上で加熱して、孫(私と弟)の布団に寝る直前まで入れておいて、以降は自分たちが使う。そんなことをしてもらっていました。先日仕事で清里に行く機会がありました。2月の厳冬期です(本当は春か秋に行きたかった)。○○さん(私のこと)なら絶対気に入るからと取引先の方に面白い店へ連れて行っていただきました。akemiさん達の行動範囲ですからご存知かもしれません。「仙人小屋」というマタギ料理の店でした。清里と小淵沢の間です。私の表現力では良さはお伝えできませんが、お二人も絶対気に入ると思います。おすすめです。

昨日はお疲れさまでした。
薪ストーブを囲んで楽しい夕餉となりましたこと感謝致します。

岳の介家の薪ストーブのその後のお話を伺って早速ブログを拝見しました。ずいぶん充実してきましたね。
薪の量も増えてきて、何だか大金持ちになった気分でしょう。
写真で拝見する限り、家の周りをぐるりと低い薪の塀で囲んでしまったらとても良い景観のように思いますが街中ではそうもいかないんでしょうね。
知恵と工夫で、これからも薪ストーブ生活、頑張って下さいね。
それではまた近いうちに

インチキ山男さん

豆炭あんか、使っている人は本当に少ないでしょうねぇ~。
生の火(何だか変な言い方ですが…)を扱い慣れてないと、ちょっと怖いかもですね。
でも、こんなに凄い物なら、もっと進化してもいい気がします。

身の回りの布が木綿ばかりだった昔と違って、現代は化繊が多いので
豆炭あんかの熱では、溶けるまでは行かなくても変質する可能性がありそうなので
私も、カバーの上からバスタオルを巻いて使っていました。
本当は覆う物を増やすと余計に熱くなるのでしないようにと注意書きがあるんですよね。(^^;)

八ヶ岳の仙人小屋に行かれたんですか?
私もぜひ行ってみたいと思ってるんです。
メニューを見たら思わずよだれが。(笑)
でも、なかなか時間が折り合わず、未だ行けていません。
これは、やっぱり絶対行かなくては!!!(^^)

fukipukiさん

先日は本当にどうも有り難うございました!
素敵過ぎるfukipukiさんのお宅を拝見し、為になるお話もたくさん伺えて
色々と触発されながら帰って来ました。

我が家も近所の薪長者を目指しています。(笑)
置き場所…家のぐるりを薪で囲むのが理想なんですが…
心配する母の気持ちもわかるので、置き方(隠し方?)を考え中です。(^^;)

次回お会いする時には、キット何とか形になっているでしょう!
次は山菜???楽しみにしています~♪

こんにちは。湯たんぽに名前がついてるのはええですね。薪の積んである風景はどこの山小屋?と錯覚しちゃいましたよ。ストーブの上の料理もええですねー。(^^)!

腹ペコ山男さん

今もたまと仲良くしてます。(笑)
薪、いい雰囲気でしょ?
私にとっては「広い」我が家なんですが
薪を集め始めたら、置いておくのにもっと場所が欲しくなります。(^^;)
薪ストーブ料理、美味しくて、しかも絵になるのでお気に入りです~♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201028/44499838

この記事へのトラックバック一覧です: 寒い冬に電気を使わず自然に寄り添いつつ暖かく過ごす方法:

« 我が家の畑!!2012早春編♪ | トップページ | 信州原村山暮らし薪ストーブでマッタリ・2!(笑) »

フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ